英検(準1級)の面接対策はこれでOK!

最近、どのような職種であっても最低限の英語力が必要とされる社会になってきています。一昔前までは、職種によって英語能力が必要とされる仕事は決まっていました。

スポンサードリンク

結構前に、文系は英語がいるが、理系は必要ないっていうのを聞いたことありませんか?
しかし、今では理系も英語が必要になってきています。いや、国際化の今だからこそ、理系に英語が必要なのです。

ここで自分の英語力を確かめてみるためにも「英検」を受けることをオススメします。
最近はTOEICのスコアなどが企業の採用などで重視されていて、英検はあまり注目されなくなりました。
TOEICと英検には性質の違いがあります。。
就職などにはやはり、TOEICのほうが有利になることもあるかもしれませんが、職種など総合的に考えて見ると、どちらの方が優れているか判断することはできません。

スポンサードリンク

最近は、転職が日常的に行われ、その転職を有利に進めるために多くの方が資格を取得しようとしています。新卒や第二新卒の方も同じですが、やはり資格はないよりもあったほうが有利になります。

これから就職試験を経験する人は、面接の練習として英検を受けるのもありだと思います。
面接が英語で行われる企業もあるかもしれませんし、人前で英語で話せれば、日本語で話すのは余裕だと思います。
就職試験に有利に働くのは、やはり準1級以上がいいでしょう。

ここでは英検の2次試験である「面接」の対策を解説します。
これは一般的な就職試験の「面接対策」としても役立つ内容だと思います。

英検の面接は、当たり前ですが英語の実力で合否が決まります。
マナーなどは、一般的な常識さえ守ればそこまで厳しくないので、あまり意識しなくても大丈夫です。準1級の面接の合格率は7割程度です。緊張せず、リラックスして受けるようにしましょう。
ここで一番致命的なミスと取られてしまうことを挙げておきます。
それは何を言ったらいいのかわからず、「黙り込んでしまうこと」です。
これだけは避けましょう。
もしも、わからないことがあったり、質問が聞き取りにくかったら、しっかり英語で質問しましょう。
また、調子に乗ってしゃべりすぎると、いろいろボロが出る可能性があるので、
そのあたりの配分もしっかり考えながら対策をしておきましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

就職試験での面接対策の重要度
現在、社会では「就職が難しい!」「採用されない!」などといわれていますが、 企業......
秘書試験の面接対策はこれでOK!
最近思うことは転職をする人が目立ち、就職試験のためにいろんな資格を取る人が増えて......
転職(採用試験)はこれで解決!面接対策のコツ!
今の世の中、転職というのは普通になってきています。 今までは転職と聞くと、あんま......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコードgg

就職試験の面接対策!現役面接官が教えるポイント!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chinashanbei.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。